中古車売却では手数料が発生することはありませんが、お店では手数料が発生する場合があります

中古車売却のために車を買取り店に持ち込み必要書類を全て提出できた場合には手数料は発生しませんが、一部の買い取り店では費用をお客様負担で行っている場合や売り手側が提出すべき以下のような物に不備があった場合には手数料が発生します。

まず車両を買取り店に持ち込むことが出来ない場合です。

保管場所から買取り店まで輸送に必要なレッカー代、車載車使用料などがこれにあたります。

人件費やガソリン代等がかかるため数万円単位で費用が発生することがあります。

出張で査定を依頼された場合には交通費などの手数料が発生することもあります。

よくある費用発生では所有権の提出書類の不備です。

売却する車の所有者が本人所有であった場合、登録車では印鑑証明と実印を押した委任状および譲渡証明証が必要です。

マイカーローンなどで車を購入している場合等では販売店、ディーラーが所有者になっている場合があります。

この場合はその販売店やディーラーに、売却される方本人が所有権の発行を依頼し取得しておく必要があります。

この書類が不備な場合には、発行する権利を買取り店に委任する委任状を書くことで買取り店に依頼をすることができますが取得手数料が発生します。

所有権とは大変大切な書類で、所有権が発行されるということは売却される車両に未払い金などが残っていない証となるもので信用書類です。

さて買取り店では買取額と手数料を分けて請求するお店も存在します。

この手数料とは販売店において個人情報の漏洩防止という観点からも車検証の名義を速やかに買取り店の所有名義に変更する手数料が一つです。

上記に伴う登録印紙代金も別途に請求されることもあります。

売却される車両に車検が残っている場合には自賠責保険が付随しています。

この自賠責保険も買取店名義にする為に損害保険会社に名義変更依頼をします。

郵送を掛けたり持参したりする手数料があります。

自動車売却には最低でも売る側で用意すべき事柄があります。

売却に拘わる費用を何処まで売却額に含めてくれるのかを事前に話し合うことで思わぬ出費が発生しないよう注意をしたいものです。

サイトマップ